GAP認証取得の補助金の公募が始まっています

平成29年度補正予算で発表されていた国際認証取得拡大緊急支援事業(2億円)に基づき、ASIAGAP Ver.2の認証取得に関する取組支援事業の公募が2/19(月)から始まりました。

http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/yosan.html(農林水産省HP)

http://www.jadea.org/news/news-20180219.htm(公募を行う一般社団法人全国農業改良普及支援協会のHP)

補助内容は主に以下の通りです。

・ASIAGAP Ver.2の認証審査費用(上限額9万円)

・研修指導の指導料(上限4.5万円/日、最大22.5万円)

・環境整備費用として最大20万円

→土壌・水質検査費用や施設改修費、ICTシステム利用料などが認められます。

締め切りは3月9日(金)です。

ASIAGAP Ver.2の取得を検討されている農業者の方、申請には事業実施計画書の作成等が必要ですので、興味のある方はお早めにご相談下さい。

平成30年度予算でも6億円の予算が組まれていますので追って公募が始まるかと思いますが、GAPに関しては日に日に農業者の方の関心が高まってきており、日にちが経てば経つほど倍率が上がることが予想されます。

お問い合わせはコチラまで

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA